首都直下地震時の災害ボランティア活動  連携訓練

 

 

南海トラフ地震、首都直下地震などの大規模災害が発生した場合にあっては、ボランティア、NPONGO、企業など様々な民間団体による被災地での支援活動の展開が想定されています。それぞれ得意とする分野を活かした民間の支援活動は、被災地での支援活動において、大きな力の発揮が期待されます。

 

 

 一方で、東日本大震災を超える大規模災害時における地域を超えた連携や団体間の連携には、多くの課題があると考えられます。特に、広域災害ではどこにどのような支援が必要になるのか把握が難しく、支援のもれや重複、バラつきなどが起きやすく、これらを広域で支援調整する機能が必要不可欠となります。

 

 

 このような背景のもと、東京都域全域を訓練対象地域として訓練を実施しています。

このページでは、各年度の訓練概要を報告いたします。